谷川岳登山(厳冬期)は深雪で断念!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前日の夜から谷川岳ベースプラザへ向けて車で移動しました。

IMGP0044.jpg

ところが大量の降雪で、谷川岳付近でなかなか車が進まなくなるという予想外の事態に!

 

 IMGP0047.jpg

 まさかまさかの車でのラッセル!!!

深夜の降雪なので、当然除雪機の出動も無い。

谷川岳ベースプラザ まであと100mほどのところで、立ち往生となる。

車でのラッセルには限界があるので、スコップ片手に除雪開始

なんとか車を進めて谷川岳ベースプラザ の駐車場へ入れることができた(^^)

 

谷川岳ベースプラザ  はありがたいことに夜中も暖房が入っている。

IMGP0054.jpg

そこで早朝まで仮眠をとった。

 

朝7時ごろに起床して、冬山登山の準備を始める。

 IMGP0065.jpg

 

谷川岳の登山カードを記入して 

 IMGP0066.jpg

 登山カード入れにいれておく。

 

 谷川岳ベースプラザ を出るとこの吹雪。

IMGP0063.jpg

 谷川岳ロープウェイに乗るのはやめて、麓で雪上訓練することにしました。

 

IMGP0071.jpg

 もう完全装備で登山となった。

麓なのにすでに風がかなり強い。

 

IMGP0078.jpg

 しかも登山道に入ると、だれも登山者がいないのかまったくトレースがなく、腰までの雪、雪、雪

 

IMGP0081.jpg

 ピッケルを使ってなんとかラッセル・・・する も50mほどで

「う~ん、今日はやめよう!」

ということに。

 

他のルートを多少歩いたが、すぐに引き返して谷川岳ベースプラザ  で昼食を食べた。

 

せっかく着たのに、そのまま帰るのはもったいないので、スコップ片手に雪洞を作ることになった。 

IMGP0107.jpg

 ゾンデ(プローブ)で積雪を測定すると約2mほどだった。

 

IMGP0115.jpg

 雪洞つくるには積雪がすこし足りなくて、すぐに木の枝が出てきてしまったが、ちょっと遊びで作ったわりにはなかなかのできだ!

 

IMGP0114.jpg

雪洞の天井に穴をあけて外をみてみた。 

 

16時くらいまで、いろいろと雪遊びして終了した。

 

帰宅するときに群馬名物の永井食堂でもつ煮定食(590円)を注文する

IMGP0129.jpg

 さすが、

安い

はやい

美味い

といっているだけあって、注文するとすぐに出てきた。

IMGP0128.jpg

 590円でこのボリュームはすごい!

味も大変おいしくておなかいっぱいになりました(^^)

 

IMGP0130.jpg

 とても美味しかったので、おみやげも購入(1070円)しました(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

登山用品一覧 3シーズン、雪山用、クライミング用、アイスクライミング用

technique_600px.png