厳冬期の谷川岳の雪洞で1泊2日の登山へGo!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回は4人の仲間と共に谷川岳で雪洞を作ることになった。

前回の蓼科山登山から数日しかたっていないのに、また雪山へ行く。

 

前日の夜から谷川岳ベースプラザに入る。

ここは深夜も暖房が入っているので、とても快適に寝れる。

 

9:00に荷物を片付けて、登山の準備をする。

IMGP0432.jpg

今回は雪洞を作って1泊するので荷物が多い!!!

IMGP0434.jpg

 

万が一、雪洞がうまくできなかったときのことを考えて、テント(4人用)を持っている。

雪洞を作るためのシャベル、雪洞の上を人が通らないようにするための標識(赤旗)も仲間が用意してくれた。

 

登山者カードを記入して、ゴンドラ券を購入(たしか2000円)

 

準備ができたところで、ありえないくらいおも~いザックを背負ってゴンドラ乗り場へ

IMGP0440.jpg

4人全員、ありえないくらいザックにシャベルやらマットやら付いている。

おしゃれなスキーヤーやスノーボーダーがいるなかで、この格好をした4人はかなり異様だ。

 

快適なゴンドラに乗り込みしばらくするとゴンドラ下り場に到着。

そこから遠くを見つめると登山口と谷川岳が見えてきた。

IMGP0442.jpg

 天気はびっくりするくらいの快晴だ!

このまま素敵な天気が続くことを願いつつ、アイゼン付けて登山口へ向かう。

IMGP0448.jpg

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

登山用品一覧 3シーズン、雪山用、クライミング用、アイスクライミング用

technique_600px.png