赤岳山頂へ 山頂付近は非常に強い風

  • 投稿日:2011年4月13日
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

朝5時ごろに起きる。

テント内がとにかく寒い。

温度計を見ると-6℃くらい。

寝袋にもぐりこみながら朝食を食べる。

 

寒い中で登山準備を始める。

不要な荷物はすべてテントに置いていき、最軽量の状態で赤岳に向かう。

大同心と小同心がそびえたってます。

 

まずは、赤岳鉱泉から行者小屋へ移動する。

だいたい1時間くらいで行者小屋に到着する。

 

行者小屋前でアイゼンを付ける。

周囲にはテントが一張り設営されていた。

 

しかも、がんばれば2人くらい入れそうな雪洞も発見。

 

行者小屋から文三郎尾根を登る 

尾根から見える景色は美しい。

 

ところどころ岩や土が露出し、氷となっている部分も多かった。

 

この写真に写っているトラバースがけっこう危険。

新調に通過する。

 

稜線に出たところでかなり風が強くなる。

傾斜も強くなり、ときより体が動くほどの強風にさらされる。

 

ここから上でのアイゼンワークのミスは致命的。

場所によっては滑落して死んでしまうかもしれない。

歩行のバランスに気をつけて、誤ってアイゼンを引っ掛けないように慎重に登る。

 

あまりの風の強さに途中の岩陰で休憩する。

ただそこは風の通り道でかなりの強風が吹き荒れていた。

そんな中で、後ろから年配のおじさんが登ってきた。

木でできたピッケルをもっていて驚いた。

 

風は強いものの天気は良いので、遠くのほうに富士山が見えた!

 

やっぱり富士山はカッコイイ!

 

そんなこんなで無事に赤岳山頂に到着!

 

 

ついに登りましたよ。赤岳を(^^)

無積雪期と違い、とにかく風が強く寒い。 

記念撮影もそこそこに、下山開始~。

 

ここからは赤岳展望荘を通って地蔵尾根へ向かう。

 

 地蔵尾根に到着。

 お地蔵さんが座ってます。

この地蔵尾根が一番怖かった。

今にも崩れそうな尾根の切立った雪の上を歩かねばならない。

ここは危険なので友人にロープで安全を確保してもらった。

なんとか無事通過。

私が通過した後に、友人が慎重に通過した。

 

その後はとくに危険な場所も無く行者小屋へ到着。

休憩せずにそのまま赤岳鉱泉へ向かう。

赤岳鉱泉到着!

いや~無事に下山できてホッと一息。

 

お腹がすいてきたので、山小屋で昼食をとることにする。

なになに カレーライスにNwe Faceが登場!?

これはぜひ食べたい!

山小屋の人に「どれがおすすめですか?」と聞いたら、

「パンジャブカレーが私は好きです」と言ったので、私はそれを頼みました。

 

日のあたるテラスを案内される。

 

 

数分後にカレー到着!

手前がパンジャブカレー。奥がビーフカレーです。

 

う~ん、やっぱりカレーはうまい!!!

 

すこし休憩したところで、テントをたたむ。

今日は気温が高くアイスキャンディーがかなり解けていました。

 

 

その後、だらだらしながら下山開始。

赤岳鉱泉から約1時間で美濃戸山荘に到着しました。

 

荷物を車に載せて八ヶ岳山荘へ向かう途中に鹿の親子?を発見。

というより、道をふさいでます。

 

お尻がハートマーク。

 

近くの温泉で汗を流す。

この温泉は入浴料が大人400円と激安でした。

 

■今回の登山の教訓

・いいザックは背負いやすい!

・山に音楽は合う。携帯スピーカーがGood!

・赤岳鉱泉のメシはうまい!

・雪山の夜は、寝袋で体は暖かくても空気が冷たいため呼吸が大変。口が渇く。鼻は痛い。

・雪山は強風で難易度が急上昇。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

登山用品一覧 3シーズン、雪山用、クライミング用、アイスクライミング用

technique_600px.png