甲斐駒ケ岳を登山!圧巻の展望

  • 投稿日:2011年8月17日
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

友人と2人で甲斐駒ケ岳に行ってまいりました!


より大きな地図で 110816甲斐駒ケ岳の登山ルート を表示

 

芦安に無料駐車場があるので、そこに車を泊めて、早朝出発!

 

約1時間ほどバスに乗り、広河原へ。

このバスが満車で、ほんとうにきつかった。

蛇みたいにぐちゃぐにゃの道をひたすら進むので、気持ち悪いのなんの。

もしかしたら、この乗り物酔いに耐えるのが、最難関かもしれません。

 

そんなこんなで広河原に到着し、そこから北沢峠へまたバス移動。

 

30分ほどで、ようやく登山口のある北沢峠に到着。

ここに来るまでがほんとうに長い。。。

 

北沢峠にある北沢駒仙小屋のテント場へ移動し、テントを建てる

 

いとしのモンベルのステラリッジ4。

このテントと共に過ごした日々は数知れず。

おそらく100泊ぐらいはしていると思う。

まだまだ現役!

 

テントを設営したところで、さっそく甲斐駒ケ岳を目指して登山開始!

 

前日の夜3時くらいに駐車場について、朝5時おきだったので、眠い。

睡眠時間2時間では足どり重い。重い。

登山しながら目をつむって寝そうなるという状態を初体験する。

 

 

徐々に標高もあがり、木の身長が低くなってきた。

 

 

 

甲斐駒ケ岳へ向かう途中にある双児山に到着。

 

可憐な花が咲いています。

高山のお花はどれも控えめでかわいい♪

 

岩がごろごろ。

 

稜線に出ると、風も強くなるが

 

景色はサイコー!!!

 

眠い中、一歩ずつ一歩ずつ足を前に出して、ようやく駒津峰に到着。

ここは休憩するにはいい広場がある。

 

霧がたまに晴れて、甲斐駒ケ岳が見えてきた。

なんてかっこいいんだ。甲斐駒ケ岳は!

その迫力の景色に感動する。

 

 

稜線は、岩盤なので、こんな場所もちらほら。

 

甲斐駒ケ岳へ向かう分岐点。

直登するか、マキミチで迂回するかの分岐点。

難易度は、ぜんぜん違う。

 

友人が「直登で行きましょう!」というので、直登することに。

まあ、友人はクライマーだから当然の選択。

たぶん、私1人だったらマキミチにいってたとおもう。

因みに直登しているひとは誰もいませんでした。

 

登る登る岩場。

こういう平らなところでほっと一息。

 

そして、また登る。

 

落ちたら怪我するので、慎重に。

スピードよりも安全第一。

 

数十分も岩盤を登ってようやくまともに歩ける場所へ。

 

 

着いたー!!!

甲斐駒ケ岳の山頂に!

 

寝不足の中で、良くぞここまでがんばった(^^)

 

 

山頂では美味しいものを食べたい。

 

山頂にある社になぜかぞうりが付いていた。

 

甲斐駒ケ岳から見える、摩利支天(まりしてん)。

ここを登らなかったが、すれ違った登山者が摩利支天には剣が刺さっていたと言っていた。

 

摩利支天を背景に写真をパシャ。

 

下山はマキミチを通って下山。

直登を下山するのは、かなりヤバイからね。

そもそもそんな元気のこってないし。

 

 

駒津峰で休憩。

 

 

 

仙水峠からしたら、こんなガレ場を発見。

友人が「地震起きたら怖いね」

というので、私もそのように願う。

 

最後は林道。

 

途中、仙水小屋前で水を飲む。

 

ここら辺の水は完全にミネラルウォーター。

水がめちゃめちゃ綺麗で、清流だ。

 

ようやく、北沢駒仙小屋に到着!

 

相変わらず、テン場はにぎわってます。

 

夕食は、パスタ。

友人が作ってくれました(^^)

 

その後、友人が疲労と睡眠不足からか「寒い~、寒い~」と言い出して、低体温症のようになる。

前に登山仲間がそのような状況になったことがある。

 

こういうときは、保温ではなく、熱源を入れて体を温めるに限る。

ドリンクボトルやペットボトルにお湯を入れ、即席ゆたんぽを作り、友人の寝袋に突っ込む。

このときのポイントは、お湯を熱湯にしないこと。

熱すぎるとやけどする。

 

お湯に指が一瞬沈められるくらいの温度にするのがいい。

それだと、ペットボトルも溶けない。

 

友人は、「あ~、からだがあったまってきた♪」と言ってそのまま快眠。

 

その後私は1人で、お酒を飲むのでした。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

登山用品一覧 3シーズン、雪山用、クライミング用、アイスクライミング用

technique_600px.png