赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

  • 投稿日:2015年12月 4日
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を往復してきました!

天気に恵まれた登山でしたが、帰宅後に赤ちゃんが熱を出してしまい無理をさせてしまったと反省しきりの山行となりました(>_<)

 

登山日

2015/12/04

 

登山ルート

ケーブルカー清滝駅-6号路(びわ滝コース)-高尾山山頂-6号路(びわ滝コース)-ケーブルカー清滝駅

PC040134.jpg

登山ルート状況

この6号路は、自然を残しつつも必要な箇所はしっかり整備されています。

 

登山装備

一般的な日帰り登山装備と赤ちゃん連れなので別途赤ちゃん用の装備・持ち物ももっていきました。

 

感想

標高がそれほど高くない高尾山といえど、もう初冬。アンダーウェア+ソフトシェルを着て登りましたが、動いているときはちょうど良いですが、止まるとじわじわ寒くなります。

天気も良く、ところどころ紅葉が残っていて、高尾の自然に包まれた登山になりました。

今回は赤ちゃん背負って6号路を往復しました。

赤ちゃん+ベビーキャリアで12キロぐらいありますから、上りの後半はお腹がすいてきたこともありスピードが落ちました。

山頂のお座敷のある茶屋で軽い食事と赤ちゃんを休憩(ベビーキャリアから降ろして遊ばせる)と授乳しましたが、この時にはうんちをしていたようで、食後に山頂トイレで妻がオムツ交換しましたが、オムツからもれていたそうで、着替えさせたそう。

赤ちゃんは2~3時間毎に授乳がありますから、妻も山に登って授乳して、オムツ交換してと忙しく、赤ちゃん登山は夫婦ともにハードな登山だな、と改めて感じました。

状況によっては、ケーブルカーで下山しようかと考えていましたが、天候も良いため結局6号路をそのまま下山しました。

下山後は、ケーブルカー清滝駅近くにあるそば屋高橋屋で遅めの昼食とりました。(一番奥の座敷で赤ちゃん寝ちゃんを抱えながらそば食べました)

 

帰宅したら赤ちゃんが熱を出してしまいました(約38度)。今まで1度も熱出したことなかったので夫婦共にびっくりしました。

防寒対策はしているものの、10度程度の気温の中の長時間の登山だったこと、この日は自宅から高尾山まで車で移動したのですが行きも帰りも渋滞にはまり、通常の2倍の時間(往復6時間)かかって、負担が大きかったのだろうと思います。

また、全身フリース着せて防寒対策して、登山中に赤ちゃんの手や足をさわって冷たくないか確認したりしていましたが、オムツを交換するときは下半身が外気にさらされますし、背負われた赤ちゃんはさほど動きませんから、12月くらいになったら数時間に及ぶ赤ちゃんを背負っての登山は厳しいのかと思いました。

発熱は赤ちゃんの無言のお知らせ。「お父さん、ちょっときつかったよ・・・」そんなメッセージが聞こえてくるようです。

息子に無理させてしまったな、と反省しきり(>_<)

翌日には、熱も下がって元気に回復してよかったです。

今回の経験に学んで、また気温が温かくなったころにみんなで登山したいと思います(^-^)

 

写真

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

さて、これから登るよー!

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

平日なのに朝から行列

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

6合路の登山口

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

滝のあたりは、頭上注意です!

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

赤ちゃんが鉄棒にあたらないように、十分に下げて通過。

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

まだ紅葉がのこっていました!

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

寝てます。

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

妻は登山靴脱いで沢につかって、喜んでます。

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

綺麗だなー。

 

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

山頂にはたくさんの人。

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

富士山が何とか見える。

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

茶屋で食事&休憩。

 

下山開始。

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

ときおり状態をチェック。

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

起きてます。

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

無事下山。

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

 

赤ちゃん背負って高尾山の6号路を登るが帰宅後に発熱(>_<)

ここのお蕎麦がおすすめです!

 

■参考リンク

・「高尾山MAP」6号路 http://www.takaotozan.co.jp/cource/cource06.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事 初めての赤ちゃん・子連れ登山・トレッキング

 

登山用品一覧 3シーズン、雪山用、クライミング用、アイスクライミング用

technique_600px.png