ベビーキャリアのレインカバーって必要?実際にポコレインカバーを使った感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ベビーキャリアを購入する時に、一緒に購入しようかどうか迷うのがレインカバーです。価格を調べると、どのメーカーのベビーキャリアのレインカバーも3千円以上はするようです。

私もベビーキャリアをお店で購入する時にけっこう迷いましたが、妻に「いるんじゃない?」と言われて購入しました。

最初は、そもそも雨降ってる時に子ども背負って山は登らないだろうし、途中で降ったなら透明なゴミ袋でもかけとけばいいんじゃないか、と思っていたのですが、実際にレインカバーを雨が降った時以外で使うことが多いことに気づきました。

私たちが購入したベビーキャリアがオスプレー ポコプラスなので、それ専用のレインカバー(ポコレインカバー)を使った感想を書いてみたいと思います(^^)

 

ポコレインカバーを使った感想

ポコレインカバー

 

○製品説明・仕様(メーカーHPより)

キッズキャリー、ポコをすっぽりと覆うレインカバー。雨の中、子供のための快適空間を確保します。サンシェードをセットしてから使用。
・視認性の良いブライトイエローの生地を使用
・透明のウレタンウィンドウ
・リフレクティブロゴ
 
サイズ 1サイズ
重 量 200g
生 地 210D リップストップナイロン
カラー ブライトイエロー(YL)

○個人的感想

各メーカーのベビーキャリアには、専用のレインカバーが別売で用意されています(3~4千円ぐらい)が、オスプレーのポコシリーズも専用のレインカバーがあります。ベビーキャリア自体それなりの価格するのに、レインカバーもかーと思いましたが、妻に「いるんじゃない?」と言われて、そりゃそうだなとなって購入しました。

実際に何度もポコプラス使ってわかったのが、レインカバーは、風除けとしても非常に効果があるということです。風の強いと体感温度が下がって背負われている子供の体も冷えやすくなります。レインカバーをかければ全身覆われるので、風冷えを防げ、予想以上に重宝しています。

ポコ用のレインカバーは非常に機能的に作られていて、着脱しやすく、子供をしっかり雨風から守り、視界も確保するように作られています。よく考えて作ってるなと感じます。(詳しくは動画をみてください)

 

ただ、1点気になるのが、背面下部の大型ジッパーポケットまで覆わないところです。

オスプレー ポコレインカバー

まだ、雨でレインカバーを使ったことがないので、これがどの程度影響するのかわかりませんが、ポケットにアクセスしやすいのは良いですが、せめて簡易的でも覆えるようになっててほしいなというのが正直な感想です。まあ、ザックの生地が防水のポリウレタンコーティングしているので数年たって経年劣化するまでは簡単には入ってこないと思いますが(ただし縫い目からは染みこむと思われます)

 

私は自宅近くの散歩のときも、風が強いときにレインカバーかけたりしますが、この大きなベビーキャリアに黄色のレインカバーかけると、中に子供いるのがわからず、パッと見あの人何を背負ってるんだろう?という感じなのか、とにかく目立ちます 笑。

オスプレー ポコレインカバー 

オスプレー ポコレインカバー

○「オスプレー ポコレインカバー」 の購入者レビューと実売価格

 

最後に

基本的に雨の日に子どもを担いで登る方はあまりいないと思いますが、ベビーキャリアのレインカバーは風除けによる防寒対策としてもかなり重宝します。

夏の晴れの日しか登らないよ!という方はあんまりいらないかもしれませんが、春や秋など肌寒い季節にも子どもを背負って登ろうと考えている方や、そもそもベビーキャリアを背負って山に行く頻度が高い方は、そのベビーキャリア専用のレインカバーを購入しておいた方がいいと思います。

ただし、注意点として、ベビーキャリアのサンシェイド(サンルーフ)が無くてレインカバーだけ購入しても、子どもをちゃんと覆えないようです(各メーカーのホームページに書いています)。

オスプレー ポコプラス・プレミアムはサンシェイド(サンルーフ)が標準装備なのでレインカバーだけの購入でOKですが、サンシェイドが別売のベビーキャリアは、サンシェイドとレインカバーはセットで用意すると知っておくと良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事 初めての赤ちゃん・子連れ登山・トレッキング

 

 

動画で学ぶ登山・クライミング技術