相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

家族で相模原にある嵐山を登ってきました(^_^)

本当は高尾山を登ろうと考えていたのですが、この日は三連休かつ八王子いちょう祭りの影響で高尾山付近のどこの駐車場も満車でした。

家族でどうしようか、せっかくここまで来たけどもう帰ろうかとなどと意見がでましたが、せっかくここまで来たのだからと高尾山から車で数十分で行ける相模湖に、とりあえず移動することにしました。

相模湖も混んではいましたが、それほど並ぶことなく駐車場にとめることができました。さて、これからどうしよう?となり、スマホで山と高原地図を見ると相模湖に面したすぐ近くに嵐山という標高が400m程度の山があって、ハイキングコースになっているらしい。

じゃあ、高尾山は登れなかったが、嵐山に登ってみよう!と赤ちゃんを背負ったのでした。

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

 

登山日

2015/11/22

 

登山ルート

相模湖交流センター ー 嵐山山頂 - 相模湖交流センター (コースタイムは往復80分程度です)

 

登山ルート状況

所々、道が細い場所はありますが、ゆっくり登ればとくに危険箇所はありません。

私がのぼった日は、登山道が落ち葉で埋め尽くされていて、その下の状況がわかりにくかったので、子どもを背負っているので多少気を使いました。(落ち葉の下に小さな段差が隠れていてもわからず、足を乗せたときに気づくことも)

 

登山装備

一般的な日帰り登山装備で十分です。

 

感想

行き当たりばったりでたどり着いた嵐山。私が赤ちゃんを背負って登るルートは、過去に1度は登ったことのあるルートを選んでいます。でも、ここは初めてだったので大丈夫かなー、でも一応ハイキングルートだからたぶん大丈夫だろうと考えて登ることにしました。

最初の階段がいちばん傾斜が強いぐらいで、ゆっくり歩けば特に問題ありませんでした。

3連休の中日でしたが、ここのルートはすれ違う登山者がたまにしかおらず、静かに登ることができました。(とは言っても、付近を走っている高速道路から音が多少しました)

登山道が落ち葉で埋め尽くされて、綺麗に紅葉している木がところどころあり、晩秋を感じました。

嵐山からの展望は、木々で遮られているいるためいまいちでしたが、小さな神社(産霊宮水上神社)があり、こんな小さな山の上にも神社があるなんて日本はなんてすばらしい信仰をもった国なんだろう、としみじみ感じました。

 

写真

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

これから登りまーす(^-^)

 

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

この道は、神社の参道でもあります。

 

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

落ち葉でいっぱい。

 

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

楽しそうな妻。

 

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

山頂に到着♪

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

嵐山といえば京都ですが、神奈川にもあったんですね。

 

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

神社があるぞ!

 

 

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

山頂は貸切状態。

テーブルの上で息子を運動不足を解消。

 

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

妻が記念にと。

 

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

下りでは、あっというまにトレッキングポールの先に落ち葉がささり、どんどんふくらむ。

 

相模原の嵐山でファミリー登山(赤ちゃんはベビーキャリーで)

赤く色づいた木の下で。

 

参考リンク

・相模原市 嵐山コース http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kankyo/shinrin/hiking_sa/022315.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事 初めての赤ちゃん・子連れ登山・トレッキング

 

登山用品一覧 3シーズン、雪山用、クライミング用、アイスクライミング用

technique_600px.png