氷壁を求めて、ジョウゴ沢、裏同心へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

夜中に目が覚めたので、テント内を撮影しておきました。

なんか散らかってるな~。

 

そして、結露が良い感じ。

私のシュラフに凍った結露がたっぷり乗っかってます。

 

因みにこれがテント本体の内側についた結露。

こいつが、夜中にチラチラ降ってきて、寝てる間に顔に乗っかってきます。

 

 

そして、朝。

やっぱりあったかいものでしょ!ということで、またインスタントラーメン。

寒い朝に、あたたかいラーメンは最高です!

 

お腹を満たしたところで、ジョウゴ沢へ直行。

まだまだ硫黄岳方面へ進む。

 

ここがジョウゴ沢F1。

氷が薄くて、ぜんぜんだめです。

 

 

 

 

そして、これがジョウゴ沢F2。

氷が薄くてアックスさしたら、このありさま。

 

F2のまきみちを登る。

アイゼン装着でミックスルート(ほぼ岩)なので、とても疲れる。

 

F3を過ぎて?奥に進むと、平原が広がる。

大滝の手前の沢の状態もいまいち。

 

よし!ジョウゴ沢はあきらめて、裏同心へ行こう!

 

F2のまきみちののぼりが急で下山が危険なので、懸垂下降することに。

 

ロープを頼りに、ゆっくり下降。

安全第一!

 

そして、裏同心へ向かう。

一般登山道と裏同心との分岐点から、結構歩く。

意外に、遠かった。

 

氷壁に到着し、ここは大丈夫。

まずはご飯を食べる。

パスタをゆでるために雪を溶かす。

 

たくさん食べたところで、さっそくアイスクライミング開始!

 

クライマーの友人がリードで登って、スリングで細い数本の木を活用しトップロープの支点を作ってくれた。

 

さてさて、私の番が来ました。

やっぱり、自然の氷壁はいいですね~。

 

 

 

 

最後の方は、岩と氷のミックスルートに挑戦。

 

やっぱり、岩まじりは難しい。

好きなところにアックス打ったり、アイゼンを刺せないので。

 

そろそろ夕暮れ時になってきたので、下山し赤岳鉱泉へ。

 

今晩は、小屋の夕食を食べる。

カツ煮定食が激ウマです(T_T)

雪山でこんなうまい飯が食べれるなんて、幸せ(T_T)

 

明日は阿弥陀岳の登ることに。

そして、テント内会議で「夜行登山でいいんじゃない?山頂でご来光にしよう」ということになり、夜7時くらいに就寝Zzz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

登山用品一覧 3シーズン、雪山用、クライミング用、アイスクライミング用

technique_600px.png