冬の高尾山の神秘 シモバシラの氷の花・霜の花

  • 投稿日:2015年9月 7日
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高尾ビジターセンターに立ち寄った時のこと、

12月に高尾山頂付近で見かけた霜柱の写真があったのです。

その説明に”シモバシラの植物にできる”と書いてある。

「シモバシラにできる霜柱ってどういうこと?ちょっとスタッフの方に質問してみよう!」

となり、いろいろ教えていただきました(^^)

 

シモバシラという植物について

高尾山には、シモバシラという植物が生息しています。

冬の高尾山の神秘 シモバシラについて

 

木陰に生えるシソ科植物で、夏になると、白い花を咲かせ穂状につくそうです。

このシモバシラという植物は、高尾山の山頂付近の標高が住みよいらしく、

 

シモバシラの氷の花・霜の花

そのシモバシラは、冬のおとづれと共に、葉が枯れた茎と根が残った状態になります。

12月中旬ごろになると、根が吸い上げた水分が茎から蒸散して、その水分が寒さで凍り、長い氷の花(霜の花)を形作るそうです。

シモバシラ 冬 高尾山 霜柱

 

そして、だんだんと茎が折れて根に近い部分だけが残り、その分蒸散する水分が局所的になるため、大きな氷の花(霜の花)を形成するそうです。

冬の高尾山の神秘 シモバシラの氷の花・霜の花

 

すごいですねーーーー!!!

 

このシモバシラの氷の花(霜の花)の現象は、12月~2月に見られるそうです。

凍るほど気温が低く、土が凍らないほどの気温(土が凍ると根が水分を吸い上げられなくなるため)、雪が降っていない(雪に埋まるため)といった条件がそろった日にみられる、神秘的な現象なのだそうです(^^)

 

スタッフの方いわく「朝が凄い寒い!という日は氷の花(霜の花)ができやすい」とのこと。

また、この現象は、高尾山の5号路沿いの地面で見られるそうです。

 

そして、このは氷の花(霜の花)はたった一日でできるそうです!

 

 

私が見た氷の花(霜の花)

私も2014/12/19に、5号路で発見しました。

始めは、茎の根本にティッシュが落ちてるように見えました。(よく見間違えられるとスタッフ談)

でも、近づくと・・・

冬の高尾山の神秘 シモバシラの氷の花・霜の花

 

「おおーー!なんだこれは!氷の花ができている!」と感動!!!

 

冬の高尾山の神秘 シモバシラの氷の花・霜の花

近くでみると、細い氷の柱が綺麗に並んでいて、まるで絹のよう。

繊細です。

 

この現象は、最初に発見した場所近くでいくつか見られました。

 

まとめ

  • 氷の花(霜の花)はシモバシラという植物の茎にできる
  • 5号路付近に多い
  • 凍るほど気温が低く、土が凍らないほどの気温、雪が降っていない、といった条件がそろう12月~2月に見られる
  • 朝が凄い寒い!という日は氷の花(霜の花)ができやすい
  • 氷の花(霜の花)はたった一日でできる

 

皆さんも、ぜひ、冬の高尾山の神秘 シモバシラの氷の花・霜の花を見に登ってみてくださいね!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

登山用品一覧 3シーズン、雪山用、クライミング用、アイスクライミング用

technique_600px.png